« | トップページ | 最低賃金福島県は9~10円上げ »

2007年8月27日 (月)

燃える8月 平和のための行動

Img_2537 プレ世界大会in郡山

マリールイズさんの講演

マニュフェストのトップに3年後の「憲法改正発議をめざす」と掲げた、自民党は歴史的惨敗を喫し、安倍暴走政治の推進エンジン役の公明党も同じく惨敗しました。これは国民が自公の国民に背を向けた政治にノーを突きつけたものです。6日、9日の原爆投下・15日の終戦の記念日をもつ「燃える8月」は、平和のための行動の月です。郡山でも様々な行動があります。みなさんの積極的参加を呼びかけます。

ルワンダでは広島・長崎で起こった悲劇が試験にでる

 マリールイズさんが授業で初めて泣いたのは広島・長崎のことだった。多くの人が死に

放射能の影響でお腹の赤ちゃんが死んだり、障害を持って生まれてくるという話だった。ルワンダでは「広島・長崎の原爆投下はいつだったか」「また半径一kmではどのような被害がでたか」などが試験に出される。これに答えられないと留年する。

 ルワンダの内戦の様子を語ったマリールイズさんは「心配なく夜が過ごせる」「こうやって集まって話を聞くことができる」ことの大切さを絶対に失ってはいけないと切々と訴えました。

また国民一人ひとりの自覚が国を成り立たせ平和を実現する土台だと考え、ルワンダに学校をつくる運動をしている。

 会場でカンパが訴えられ三万円余がルワンダの教育を考える会に寄付されました。

世界大会に八人の代表団

 郡山合唱団の平和のうたごえも披露され、最後に〇七年世界大会代表の壮行会が行われました。

地方労連の代表の橋本里織さん(建交労ダンプ)、代表団長の坪井顕雄さん(自治労連)など代表が決意を表明しました。

|

« | トップページ | 最低賃金福島県は9~10円上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193806/16255048

この記事へのトラックバック一覧です: 燃える8月 平和のための行動:

« | トップページ | 最低賃金福島県は9~10円上げ »