« 2007年10月 | トップページ

2007年11月26日 (月)

政務調査費問題報告集会 12月3日午後6時30分から中央公民館で

Img_3554

 11月26日(月)駅前での市民への宣伝行動

郡山市議会議員には、月61万円の報酬がありますが、その他に「議員の調査研究」のための「政務調査費」が月13万円交付されます。(地方自治法100条)

 このお金が、法律の趣旨通り、市民の福祉向上のための「調査研究」に使われているならば私たちも大いに使って、市民のための仕事をして欲しいと思っています。

 ところが、どうでしょうか。私たちは、この間数回政務調査費の支出調書等を閲覧してきましたが、とんでもない使い方がされていました。

 月13万円はけっして少ない額ではありません。この問題について考えてみませんか。

     最大会派の創風会は年16回の行政調査「旅行」に800万円。グリーン車の大名旅行。でも研修内容は全然分からない

     会派の研究研修会を温泉泊まりでやっているけど、温泉泊まりでないと駄目なの? これ私たちの税金つかっているのよ!

     1本27,436円もする万年筆って政務調査にどうしても必要なのかな?

     九州に行政視察旅行に行っている時に郡山で給油!すごいな、分身の術つかえるのかな?

     19万円以上もする「世界遺産図鑑」も郡山市政と関係あるのかな?

家にある6台の車に給油している議長さん

宗像議長が平成18(2006)9月に給油した日

は次ぎの通りです。

3日   10日   21日   30

5日   11日   28日   計13

7日   19日   28日   

8日   20日   29日 1日2回給油の日も

給油総額56.462

このうち上限の30,000円のガソリン代を政務調査費から支出、議長はずーと3万円もらい続けています。

 私たちの試算によれば、毎日50キロを30日フルに運行しても27,000円くらいです。

栃東後援会会費も政務調査費で払っている議員も!!

日時:12月3日(月)午後6時30分から8時

場所:郡山市中央公民館第一会議室

| | コメント (0) | トラックバック (2)

郡山市議会政務調査費問題で公開質問状  市民の会

Img_3391 政務調査費支出調書を閲覧する市民の会のメンバー

郡山市議会政務調査費を考える市民の会では11月22日次のような質問状を行い、11月30にtまでの回答を求めています。

郡山市議会政務調査費についての質問

       該当する番号に○をつけて下さい。3のその他については具体的にお書き下さい。

1 電話料金について     

多くの議員が自宅固定電話料金と携帯電話料金の全額を政務調査費から支払っていますが、通話のすべてが「議員の調査研究」のためとは考えにくく、按分するなどの手だてが必要と考えますが如何ですか。

    1 現在のままでよい     2 按分が必要だ    

3        その他

2 自動車燃料費について

        複数台(最大6台)の車の給油を行っている例がありますが、どのようにお考えですか。

  1 現在のままでよい      2 1台に限定すべきだ  

3  その他

        軽油や灯油、混合油を購入している例がありますが、どのようにお考えですか。

1  特別問題はない        2 不適切なので改善すべきだ  

3 その他

        自動車の運行すべてが「議員の調査研究」のためとは考えにくく、按分するなどの手だてが必要と考えますが如何ですか。

   1 現在のままでよい       2 按分が必要だ    

3  その他

        内規によれば自動車燃料費の上限が月額3万円ですが、概算してみると「議員の調査研究」のため毎日50km30日走行してもまだ余る額で、私たちは高すぎると考えますが如何ですか。

   1 現行の額が妥当だ       2 引き下げが必要だ 

   3 その他

3 研究研修費について

 会派の研究研修会(議会対策会議)を温泉旅館で宿泊して行っている例がありますが、市民の税金を使っているのになぜ温泉宿泊でなければならないのか理解に苦しみます。どのようにお考えですか。

1  温泉でやろうと問題ではない   2 好ましくない  

3 その他

 

4 「行政調査」に要する経費について

      行政調査のための視察に支出されている費用は、ある会派では年16回、800万円近く支出されています。これはこの会派の政務調査費の3分の1近い額であり、余りに多額であると考えますが如何ですか。

1 別に問題はない       2 多すぎる   

 3 その他

      閲覧に供されているのは、多くの場合「旅費請求書兼受領書」「旅費計算書」「行程表」のみで、市民は研修調査の内容や成果については知る事ができません。訪問先の資料や対面者の名刺等の添付もなく、単なる観光旅行に異ならないのではないかとか、また本当に現地にいったのかどうか疑わざるを得ないものです。かかる取り扱いによる支出は、極めて不明瞭かつ不適切と考えますがいかがお考えですか。

1 特に問題はない         2 問題であり詳細を明らかにすべきだ 

3 その他

      行政調査の県外視察中に、視察中の議員が郡山で給油をしている事例が複数あります。本当に研修旅行に行っているのかを疑わせるものです。このことについて如何お考えですか。

 1 特に問題はない          2 問題であり事実関係を明らかにすべきである

 3 その他

 

      特定の議員が頻繁に行政調査視察に参加している例があり、私たちはこのことに不自然さを覚えますが如何お考えですか。

 1 特に問題はない          2 問題であり事実を明らかにすべきだ 

 3 その他

      政務調査費収支報告書には「行政調査」の記載があるにも関わらず、支出調書がなく領収書コピーの添付もなく、行き先や、参加人数や参加者氏名が不明な件数も相当数存在しています。このことについて如何お考えですか。

1 特に問題はない          2 問題であり事実関係を明らかにすべきである

 3 その他

5 ある会派の政務調査費収支報告書には支出が記載されているにも関わらず、支出調書と領収書コピーの添付がないもの40数件存在し、その支出総額は3,574,855円も及んでいます。これは自ら定めた「内規」にも違反していると考えますが、どのようにお考えですか。

 1 特に問題はない          2 問題であり事実を明らかにすべきだ 

 3 その他

6 資料作成費について

        印刷代として13万円の名刺等の支出などの例がかなりみられますが、これらが「議員の研究調査」のためのものとして多すぎると考えますが、どのようにお考えですか。

1 特に問題はない           2 問題である

3 その他

        高価なパソコン、デジカメ等で多額の支出がされていますが、耐用年数経過後に個人の占有とされ、返却等の規定がないことは問題であると思いますが、どのようにお考えですか。

1 特に問題はない         2 返却措置をとり適正に処理すべきだ   

3 その他

        事務機リース代として限度いっぱいの156万円支出されている例があるが、明細等が明らかでなく納得できるものではありません。どのようにお考えですか。

1 問題はない             2 問題であり詳細を明らかにすべきだ

 3 その他 

7 私たちは次のような支出は政務調査費としてふさわしくないと考えますがいかがですか。

① 1本2万7千円の万年筆の購入。 

   1 政務調査費として適切な支出だ   2 問題がある   

  3 その他

② 197400円の「世界遺産図鑑」の購入

   1 政務調査費として適切な支出だ   2 問題がある   

   3 その他

③ 天皇杯サッカー福島県大会準決勝観戦のための高速料金

   1 政務調査費として適切な支出だ   2 問題がある   

   3 その他

④ 安積合唱団定期演奏会入場料と会場へのタクシー代

  1 政務調査費として適切な支出だ   2 問題がある   

  3 その他

⑤ 栃東後援会会費

  1 政務調査費として適切な支出だ   2 問題がある   

  3 その他

8 添付された領収書については、金額や日付のないもの、宛先が書き換えられているもの、同じ領収書を何重にもコピーして添付しているのではないかと疑われもの、コピーが不鮮明なため内容が不明なもの等が相当数存在しています。私たちは、市民の税金の使用に関わるものなのだから領収書原本の添付を義務づけるべきであると考えるがどのようにお考えですか。

 1 現行のままでよい         2 領収書原本を添付すべきである  

 3 その他

以上です。ご協力ありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月12日 (月)

郡山地方労連の新体制は次ぎ通りです。お気軽に声をかけて下さい。

専門部等

部長

部員

組織部

佐藤 吉野

教宣部(含機関紙)

小沼

岡田 橋本幸

会計部

伊藤

青年・女性部

河崎

橋本さ 加藤 

宗形  柳沼

労働相談部

小沼

渕柳 橋本さ

法制調査部

吉野 橋本善

平和運動(憲法・共同センター)

橋本幸 西澤

平和運動(原水協・戦争と平和)

小沼

宗形 佐藤

くらし・社会保障

河崎

加藤 西澤

教育運動分野担当

岡田

穂積 柳沼

郡山つくる会

河崎

渕柳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県理工専門学校で定年延長  これも組合の力とH

Img_3406 「IMG_3406.jpg」をダウンロード 10.28国民大集会に向かうバスの中で、建交労専門学校支部のHさんが「うれしい報告です。定年が3年延長になりました。足が不自由でも今日参加したのはこのことを言いたかったからです。」と参加者に報告しました。

組合やっていて本当に良かった

 福島県理工専門学校は六十歳が定年退職で、十月に六十歳を迎える穂積さんは「どうなるのだろう」と心配していました。また就業規則がないので建交労専門学校支部はその制定を求めてきました。ところが経営者が、就業規則を作成しそのなかで「六十三歳を定年とする」としたのです。建交労専門学校支部の組合員は2名ですが組合員が職場で常日頃から組

合・地方労連の活動を話題にしてきました。

特に、東北交通の不当解雇撤回闘争では、矢吹社長の自宅や会社の近辺での連日の街頭宣伝や集会を行った結果、矢吹社長が「宣伝をやめてくれ。和解にして欲しい。」と、勝利和解したこと。また帝京安積高校教師銃撃事件でも、学校や東京の帝京本部での宣伝行動や、文科省・福島県への要請行動等で、ついに帝京を追い詰めて勝利和解を実現したことなどです。

これらの話を聞いていた、経営者側は、「下手なことはできないぞ。」と定年を延長したとしか考えられないと穂積さんは語ります。というのも去年まで有無を言わさないで、60歳の誕生日が来ると退職となり、あとは嘱託として条件が大幅に引き下げられからです。まさに組合の力だと思います。「組合をやっていて本当によかったと思っています。」とHさんは語っています。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ